1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の悩みブラック介護施設の円満退職のポイント!トラブルを避けるスムーズな辞め方

2017年08月01日

ブラック介護施設の円満退職のポイント!トラブルを避けるスムーズな辞め方

退職届を出す手

近年よく耳にするブラック介護施設というワードですが、実際にそこで働いていて負担を感じている場合には退職が必要な時もありますね。とはいえブラックと呼ばれるだけあり、すんなりと退職できる場合ばかりではありません。トラブルを避けてスムーズに辞めるためにはどうすれば良いのでしょうか? 今回はブラック介護施設の円満退職のポイントを探ってみました。

ブラック介護施設の現状

ブラック介護施設と言っても、人によって感じ方や職場の現状には違いもあります。そのため特徴を一言で挙げるのは難しいですが、例えば、大幅な残業がある、長時間労働のシフト、残業代を払ってもらえない、有給も含めて休ませてもらえないなどが挙げられるでしょう。

いじめなどの問題が関係することもあります。いずれにしても自分にとって合わない職場で大きな負担を感じている時には、円満退職に向かって計画を立てていきましょう。

退職の際に起こり得るトラブルを把握しておこう

ブラック介護施設と呼ばれるような環境では特にトラブルが起こりやすいことも考えられますので、円満退職のためには起こり得るトラブルを前もって把握しておきましょう。

賃金未払い

給料を払ってもらえない、というのは泣き寝入りするケースもあると言われ、深刻なトラブルになる時がありますので注意が必要です。法律も関係してくるため、すでに問題を抱えている場合は専門家に相談することも視野に入れてみましょう。

退職を受け入れてもらえない

ほかの人に迷惑がかかる 利用者さんが困るなど、辞めることを責められて精神的ストレスにつながることがあります。介護施設では人が足りない現状があり、雇う側としては何としてでも引き止めたい、という気持ちになっていることもありますので理解しておきましょう。

職場環境の悪化

退職の意志が周りに伝わってしまうことで職場の雰囲気が変わったり、同僚の態度が変わったりして、仕事がやりづらくなる場合もありますので、周囲に気を配って進めることも大切です。

円満退職をめざすためのポイント

退職願を出す、というのは基本的な事柄ですが、上司の機嫌が悪い時や忙しい時などを避けてなるべく円満に話しを聞いてもらえるタイミングを探ることもポイントです。退職を伝える前には、退職の意志を強く持っておくようにしましょう。

退職されないために、その場しのぎの期待を持たせるようなことを言われる場合もありますので、上手く丸め込まれないようにすることも大切です。とはいえ、喧嘩を売るような態度ではなく、あくまでも礼儀を心がけ、上司の気分を害さないように伝えましょう。

また、契約書などに違反しないように、正式に辞められる手順を把握してきちんと計画を立てておきましょう。1ヶ月~数ヶ月前までに言わなければいけないこともありますので、社会人としてルールに従って辞めることが大切です。

退職予定日や引き継ぎまでの流れをイメージしておくと良いですね。無断欠勤などをしてなし崩しにやめようとするのはトラブルを招くことがあるだけでなく、今後の仕事に影響が出る場合もありますので冷静に行動していきましょう。

退職の相談は誰にする?

理解し合えない上司には、退職の相談をしないこともポイントです。退職の相談を持ちかけるのではなく、退職をすることを自分ではっきりと決めた上で意志を伝える方がスムーズに行くこともあるでしょう。

退職の相談は、専門の窓口に相談する方法もあります。介護士の求人サイトなどでは、転職までのサポートを受けられたり、退職についてのアドバイスをもらえたりすることがありますので、利用しやすいサイトを探してみるのも良いですね。いずれにしても一人で抱え込まずに信頼できる人に相談し、ネットのコミュニティースペースなどの情報も参考にしてみましょう。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2019 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.