1. HOME
  2. 介護求人サイト比較ランキング介護士の悩みストレスの原因と対策方法!介護職をストレスで辞めたくなったらチェックしてみよう

2017年03月24日

ストレスの原因と対策方法!介護職をストレスで辞めたくなったらチェックしてみよう

ストレス

どんな仕事でもストレスが全くない職場などおそらくありません。でもそんな中でも介護の職場はストレスの強い職場だといわれています。もちろん人生の総仕上げの部分にさしかかろうとするお年寄りにかかわる仕事は、感謝されることも多く、ストレスだけが多いつらいばかりの仕事ではありません。

でも、大きな志を持って介護の仕事に就いたのに、仕事を始めてみてこんなはずではなかったと志半ばで仕事を辞めてしまう人も少なくありません。まじめで一生懸命な人ほどストレスでうつ病などを発症しやすいと言われることもありますが、自分でも気がつかないうちにストレスが体や心を蝕んでしまう前に、自分自身でもストレスと向き合って、どうすればその影響を減らすことが出来るかを考える必要があります。

介護職のストレスの原因はどんなこと?

仕事の大変さに比べて給料が安い、腰を痛めたり利用者からの暴力で傷が絶えないなどの原因は介護職の大変さを語る上でよく登場することです。確かに利用者とのコミュニケーションがスムーズにとれず心を通わせるのが難しかったり、家族からのいわれのないクレームを付けられることなどは、働く上で強いストレスを感じるものです。認知機能の衰えた利用者との意思の疎通は難しいし、頭ははっきりとしていても体の自由が利かない利用者の苛立ちや怒りのはけ口になってしまうなど、介護の現場特有の原因はたしかにあります。

けれども介護職を悩ませるストレスの大きな原因として挙げられるのが、上司や同僚、部下との人間関係のストレスだといわれています。その原因が少ない人数で仕事をこなすことによる個人の負担の大きさから、他者を思いやるゆとりをなくし、時に同僚であるスタッフからのストレスのはけ口になってしまうということもあるようです。せっかく新人が入ってきても、丁寧に時間と愛情をかけて育てるゆとりなど、ほとんどないという職場は少なくないと推測されます。

ストレスを上手に発散しようと言うけれど…

ストレスを溜め込んでしまう前に上手に発散しよう、こんな風に様々なストレス発散方法を紹介した書籍やサイトは数多くあります。良くあるのがお酒を飲むこと、カラオケで大声を出すこと、運動で気持ちよく汗をかくことなどですが、確かにこうしたことはストレス発散法として介護職に限らずよく知られている方法です。

でもストレスの発散法自体がマニュアル化されたものをそのまま自分に当てはめようとすることは全く無意味かもしれません。大きな声を出したり汗をかくことは多くの人がすっきりすることかもしれませんが、これで発散できるはずだと思い込んで、実際には思ったようにすっきりしない自分に落胆してしまうようでは本末転倒です。

巷で紹介されるストレス発散法はただの一例に過ぎないものです。無理に体を動かさなくてもオフの日には部屋でゆっくり好きな音楽を聴くことでもいいし、普段我慢している甘いものをその日だけは思う存分食べるなど、自分を少しご機嫌に出来る自分なりの方法を見つけるのがオススメです。

ストレスチェックが法律で義務化されたことの意味

従業員数などの一定の条件を満たす事業者は、年に一回従業員のストレスチェックをする事が義務付けられました。このことにはストレスや過重労働などからうつ病をはじめとする精神疾患に陥り休職する人や労災申請する人の数が近年急激に増えていることが背景にあります。うつ病などの心の病から労災認定された人は相当量の時間外労働を強制されたり、嫌がらせや暴力、セクハラなど職場の人間関係でのトラブルが多いという調査結果もあります。

ストレスチェックをすることで職場環境を改善するための意識付けになったり、何よりも自分自身が自分の抱えているストレスに気づくのが最大のメリットです。介護職はストレス度が高い職場といわれますが、対人援助職というのはもともとストレスを感じる場面が多いものです、でも同時に人からの感謝やねぎらいを受けるなどやりがいと喜びを感じることも必ずある仕事です。ストレスチェックで自分の状態を知り、その原因を把握して自分にあった対処法を考えることが大切です。

介護求人サイト比較
介護・福祉・保育資格一覧

© 2019 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.