1. HOME
  2. 医療・衛生人気資格ランキング

医療・衛生人気資格ランキング

医療・衛生人気資格ランキング

医療・衛生関連の資格は専門性も高く、多くの医療現場で必要とされています。国家資格が多い分野ではありますが、比較的簡単に資格取得を目指せるものもあり、就職に有利に働くものも多くあります。

医療現場に携わるということは、医療に関する専門的な知識や技術といったものばかりが必要とされているわけではありません。患者さんや多くの方々とのコミュニケーション能力というのも重視されています。病院はいまやサービス業ともいわれ、今後もその傾向は続いていきそうです。

高齢化社会の今、医療への関心も非常に高く、人々の健康への意識もとても高まっています。だからこそ注目されている医療分野の資格は積極的に取得を目指していくべきです。より専門的なスキルを持った人材はこれからも必要なのです。

医療事務

女性に人気の資格である医療事務。主な仕事は事務作業ですが、患者さんと接する機会も多くコミュニケーション力が必要です。医療費の計算はミスが許されませんので、正確にきちんと仕事を出来る人でなければこの職は向きません。 人気のある資格のため取得を目指す方も多いですが、スキルアップのための資格として取るのもおすすめです。就職の際にも有利になりますし、女性の再就職にも大いに役立ちます。女性にとっては一生ものの資格となるでしょう。

» 医療事務の資格・通信講座 詳細を見る

調剤薬局事務

調剤薬局事務は医療関連の資格でも人気のあるもののひとつです。薬に関しての専門的なスキルが身に付くうえに難易度も易しめで、多くの方が資格取得を目指しています。 調剤薬局で処方箋の受付から、オペレーター業務などの細かな作業も行うので覚えなければいけないことはたくさんあります。薬というのは患者さんにとって大切なものですから、直接調剤することはないとはいえ、責任を持って扱わなければなりません。資格を持つことで自然と薬に詳しくなれます。

» 調剤薬局事務の資格・通信講座 詳細を見る

歯科医療事務

医療事務の資格ですが、歯科に特化したものがこの資格です。歯科治療についての専門知識を学べるので、歯科医院への就職を考えている人はまず取得してみましょう。主な仕事内容は基本的に医療事務と同じです。他にもアシスタント業務をしたり、患者さんの介添など歯科医院ならではの仕事があります。 資格を取るために条件はありませんので、実務経験などを気にせず受けることが出来ます。スキルアップするために、歯科治療への理解をより深めるために取る方が多いようです。

» 歯科医療事務の資格・通信講座 詳細を見る

歯科助手

歯科医師のアシスタント業務が主な仕事となる歯科助手。国家資格である歯科衛生士とは違い、口の中に手を入れてあれこれ処置を行うなど医療行為は禁止されています。あくまでも先生のサポートをするのがお仕事ですが、歯科医師にとっても患者さんにとってもなくてはならない存在です。器具の清掃や準備をしたり、受付業務を行うこともあります。女性の結婚出産などに対してもブランクが全く問題にならない職業ですので、資格取得を目指す方は女性がほとんどです。

» 歯科助手の資格・通信講座 詳細を見る

医療・衛生その他の資格

登録販売者

薬局やドラッグストアで風邪薬や胃腸薬、便秘薬といった一般用医薬品を販売することができる、医薬品販売の専門資格が登録販売者です。この資格を持っている人がいれば、一般用医薬品の多くを占める第二類医薬品と第三類医薬品の販売ができるようになるため、多くの企業・組織から重宝されています。この資格があれば転職・就職の際もかなり有利で、常に高いニーズがあります。年齢に関わらず長く働ける職業ですから、一生ものの資格と言っても過言ではありません。

看護師

最近では男性の看護師も一般的になってきましたが、まだまだ女性が多く占め活躍しているのが看護師です。難易度は高めですが、さまざまな資格の中でも特に就職や転職に困らない資格であり、数年のブランクがあっても、また転職年齢が高くても、それほど就職に困ることがないことは大きなメリットです。さらにもう一つ、給料水準が高いというメリットもあります。女性にとって一生役に立つ資格ですし、やりがいもかなり大きい仕事ですから興味がある人はぜひチャレンジしてみてください。

養護教諭

養護教諭とは簡単に言えば小学校や中学校などにいる「保健室の先生」です。教諭という文字がつきますから、他の教諭同様に免許が必須となります。医療的な知識はもちろんのこと、対応するのは基本的に子どもたちですから、コミュニケーション能力も必要になってくるでしょう。さらに、保健室と言えば精神的な悩みをも訪れますから、傷や病気のケアだけでなく心のケアも必要になってきます。大変なぶんやりがいも大きく、医療と教育の双方に関わりたい人には人気の資格です。

作業療法士

病後の患者さんやケガの治療中の患者さんのリハビリを支える資格のうち、日常のさまざまな作業を通じてリハビリを行うのが作業療法士です。例えば、絵を描く、手芸をする、園芸をするなどさまざまな作業を通してリハビリします。基本的な知識だけでなく、時には一人ひとりのアイデアを活かしながら患者さんをサポートする作業療法士は、体の障害だけでなく、うつ病などの精神障害をサポートすることもあります。今後ますます需要が高まると考えられる資格のひとつです。

理学療法士

事故や病気で体が不自由になった人をリハビリによって回復させ、社会復帰までサポートするのが理学療法士です。理学療法士は、病院やリハビリ施設、福祉施設などさまざまな場所で必要とされる資格。患者さん一人ひとりの症状だけでなく生活環境までを考慮して、リハビリを進めていかなくてはなりません。対応した患者さんが回復し、笑顔を取り戻す姿を間近で見ることができるので喜びややりがいが大きい理学療法士は、男女関係のない資格ですから女性も数多く存在しています。

言語聴覚士

人間が当たり前に行っている「話す」「聞く」「食べる」。しかし、事故、病気、加齢または先天的にこれらの動作が不自由な方も多くいます。言語聴覚士は、この3つの動作をサポートし、患者さんがより快適な生活を送れるお手伝いをする資格です。特に「食べる」ことに対する支援は女性のイメージを抱く人も多く、事実、言語聴覚士として活躍している女性は大勢います。患者さんの中には子どもも少なくないため、より女性が求められる資格と言えます。ブランクがあっても復帰しやすいのもメリットです。

臨床検査技師

臨床検査技師の資格を持つと、医師の指示のもとMRI、微生物検査、血液検査、心電図、脳波検査などさまざまな検査を行うことができます。検査は病気の正しい診断、早期発見、病気の予防のために必須ですから、病院や保健所、診療所だけでなく製薬メーカーや食品メーカーなど働く場所は非常に多くあります。医療技術の進歩により今後もさまざまな検査機器が登場することが考えられるため、専門性の高い臨床検査技師の資格は、将来性も高いと言えるでしょう。婦人科検査など女性の有資格者が求められる場面も多くありますよ。

© 2019 女性に人気の資格・通信講座女資格ネット All Rights Reserved.